インドシナ 半島の国々
  (tanisanの足跡)
vol.07

 MALAYSIA(マレーシア)

 
遥か彼方にマラッカ海峡が見える
ホテルの部屋より
海峡の対岸はスマトラ島

 ”インドシナ半島の国々”(tanisanの足跡)     
カンボジア ラオス ミャンマー ベトナム マレーシア
トップページ 微笑みの国・タイ インドシナ半島の国々
中国のパワー   アトリエ 山紀行 
旅行・未知の世界へ    地域へ  知的好奇心   
 健康・年金生活・等々    
 マレーシアについて
詳しく知りたい人はこちら
マラッカについて
詳しく知りたい人はこちら
 
 
マレーシアの想い出

自動車産業が少ないせいか、仕事上での訪問は、なかなか実現しませんでした。

一方この国には半導体業界の日系会社が結構数多く進出しており、たまたま、その関係の仕事でマレーシアのマラッカに行くことができました。

初めて見るイスラム社会で多少警戒と好奇心の目で、この国を見てきました。クアラルンプールの空港のすぐ側に、一見して、すぐにわかるイスラム教の寺院(モスク)を目にし、”ここはイスラム教の国なんだ” 体の中に飛び込んできた異物を見るような思いでした。

マレー半島の中央部の西海岸に位置する、マラッカの街並みは異国情緒にあふれています。
16世紀初めにポルトガルがここを統治、その後オランダ、イギリス、そして戦争中は日本もマラッカを占領していました。ポルトガルのフランシスコ・ザビエルが、ここから日本に布教に出発したとのことです。

外国の侵略と統治の歴史に明け暮れたこの町は、今でも町の至る所に夫々の統治時代の歴史的建造物が残っており、その歴史的景観から皮肉にも世界遺産として登録されています。また宗教の異なるキリスト教とイスラム教がうまく溶け合って共存している感じがしました。

仕事で訪れた客先にも大勢のインドネシア、フィリピンからの出稼ぎの女性労働者が、イスラム独特の頭にスカーフを巻いて働いていました。

かってマハティール首相が”LOOKーEAST 政策” 日本を見慣らへ!!を掲げ、アジアでの地位向上を目指した時期がありました。その奮闘のせいか、この国の実体経済は、現在ではタイの1.8倍ぐらいの裕福さのようです。

余談ですが、空港で隣国タイの通貨バーツが使えなかったのは不思議です。多少国政レベルでぎくしゃくしたものがあるのかもしれません。

そして、やはりマラッカ海峡に立つと、ここが幾多の歴史や事件の舞台として有名な現場であるという思いが、僕の感情を興奮で、かき乱していました。





 

                   マラッカ   世界遺産の町

マラッカの街並み

マラッカの街並み

マラッカの夜景

遥かマラッカ海峡を望む


遥かマラッカ海峡を望む

マラッカの街並み

遥かマラッカ海峡を望む

遥かマラッカ海峡を望む

マラッカの街並み

これがマラッカ海峡

これがマラッカ海峡

海峡を望むレストラン

ポルトガル語のメニュー

海峡を望むレストラン

海峡を望むレストラン

海峡を望むレストラン

泊まったホテル

住宅街

異国情緒の家

ホテル側のアーチ

ホテル前の店

イスラム教のモスク

サンチャゴ砦

サンチャゴ砦の砲台

スルタン王の王宮の再現

オランダ広場の教会へ続く

洒落た住宅

オランダ広場へ続く

オランダ広場

オランダ広場の教会

オランダ広場


オランダ広場

クアラルンプール空港

マラッカの小学校

スルタン王の王宮の再現


ページトップへ